.

クルマを買い取ってもらう場合、車両の買取の際もどちらも印鑑証明が必要になってきます。

それではこの印鑑証明について解説しましょう。

印鑑証明書とはある印鑑が実印として効力を持つということを証明する目的の書面です。

印鑑証明がないのであれば、その印鑑について実印で間違いないという事実が裏付けられません。

大金が動く商談になる車の買取ですのでどうしても実印が要ることになりますが、その際に印鑑証明が要るのです。

この印鑑証明をつくるためにはまず印鑑証明をしておかなければなりません。

書類に登録するはんこは普通、実印といい、唯一無二の印でなくてはなりません。

印鑑を手配してお近くの役場の取次ぎ所に行くことで、すぐに印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードなるものを発行してもらえて、印鑑登録手続きをしたハンコは実印ということになります。

印鑑証明書を交付してもらうためには、役場の案内係へ出向き、専用の書類に必要事項を書いて、印鑑登録カードを提示するだけで大丈夫です。

また、自動交付機を使って印鑑証明書を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限などはありません。

ですからどんなに前の印鑑証明であっても証明書としての効力はあるということになります。

しかしながら、車売却の際には印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

通常は期限を定める必要はありませんが、自動車の買取の時は相手側が有効期限を決めているので買い取りの予定がある場合は、手放す前に持っておくとスムーズに進みます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.jtbakerchemicalcompany.com All Rights Reserved.