.

初心者用の外為取引のテキストでは「損失が生じた場合はナンピンで、ポジションの価格をコントロールする事が出来る」とアドバイスしていますが、これは相当大きなリスクが待ち受けています。【マユライズ成分】副作用は大丈夫?アトピーでも使える?

まずは、ナンピンの方法に関して分かりやすく説明します。ボニック

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。

$(ドル)買いということで円安ドル高に動くほど利益を得られますが、運悪く1ドルが95円までドル安が進んでしまった。

このままの場合所有し続けたら損失が回復するまでにはマイナス分、円安が進まなければなりません。

損は早くリカバリしたいと願うだろう。

この状況を乗り切るため最初に注文したのと同額の$を1ドル=95円で取引します。

すると、全体の単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。

つまり、2円50銭の幅でドル高に進めば赤字を失くせます。

これが、ナンピン買いの仕組みです。

このような、ナンピン買いのロジックを知ると、「なるほど」と考えたりするがそう易々と上手くはいきません。

元々、1ドル95円が下限だとということなど、なんびとも想像できません。

たとえば、相場がかなり強いドル安傾向だとすれば95円ではとまらず、さらに一層円高に向うリスクはあります。

例として、97円50銭でナンピンをした時に、95円までドル安が速んだらナンピンしたポジションにも、損失が生まれることになってしまいます。

その状態では、一番初めに注文したドルと一緒に、ダブルで為替差損を被ることになります。

それほど、ナンピン買いは難しいのだ。

それなら、マーケットが己のシナリオとは逆に進んだ場合、どういったやり方でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

こういう時には選択する手段は2つだけあります。

ひとつめは覚悟を決めて損失を確定する事です。

もうひとつの方法としては、自分か保有している買いポジションを小さくする事によって再び外国為替市場が回復するのをひたすら待つことだけです。

だいぶ主体性のない術だとおっしゃる人もいます。

だけど、持っている買いポジションに損失が出た時最もリスクが低いやり方はこれよりいいものはあるはずがありません。

勿論、ロジックとしては、ナンピン買いをしてみる術も効果的です。

しかしながらナンピンは、損をしている状態にもかかわらず、ポジションを無くすどころか、反対に買いポジションを重ねていく対策です。

これでは、危険を回避することなど到底無理だと考えるべきです。

ナンピン買いを続ければいつかは勝てるかもしれない。

けれども、それより先に資金はショートしてしまうだろう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.jtbakerchemicalcompany.com All Rights Reserved.