.

外国為替市場介入(為替介入)はご存知ですか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌記事、報道番組、ネットのニュースでチラリと見た方もたくさんいると思います。元より為替への介入というものは日本の場合、・大臣(財務大臣)為替の相場の沈着を実現できるように実施するやり方として使われています。簡単に言えば、急激な円高、円安が起こると財務大臣の指令をもとに日銀が日本円を売り買いして為替のレートの安定を狙う、ものを言います。為替介入は方法があるのです。1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京市場の中で自ら市場に加わって外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が協議したうえで各々の銀行などが持ち金を活用してみんな一緒にないし随時外国為替市場介入(為替介入)を実施する。3.委託介入・・・外国の銀行などに向けて為替介入(外国為替平衡操作)を委託する。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の銀行などに成り代わり為替介入を執行する。以上のようなやり方があります。いずれのやり方の為替の介入も短期に、もしくは連続的に為替のレートにとても影響を与えるでしょう。為替の介入のお金は当たり前のことですが国家の面子をかけて行なうのですからスケールが違うのです。円ベースで説明すると、普通は数銭ごとに変動している円相場が急にかなり変動をするのです。個人投資家の人であれば一度は体験していると思うのですが今までうまく含み益(あるいは損失)が多い保有高を保持していたところへ、保持しているポジションが決済しましたとの情報がFX業者よりEメールが届き。いくらの儲けかな(損益が出たのかな)?と思いながら決済情報を確認したら、自分が考えていたのとは正反対の事になっていて驚いてしまったとの例がよくあります。為替介入(外国為替平衡操作)が実施された際によくある話です。こういったことから為替介入(外国為替市場介入)を実施すると為替市場の流れとまったく逆の変化をするものです。まして動く金の幅は相当大きく動くため用心が必要です。

Copyright (c) 2000 www.jtbakerchemicalcompany.com All Rights Reserved.