.

ありふれた初めての方向けの外為の教科書では「損をした場面ではナンピン買いをすることでポジションの買い付けコストを低くする事が出来る」等助言されている事もありますが、実際はナンピンには相当大きな落とし穴があります。カイテキオリゴ 返品

はじめに、ナンピンの仕組みについて易しく記述しておきます。スポーツベット おすすめ

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。ミラクリーン

$(ドル)買いだから、ドル高に向うほど利益が大きくなるわけですが反対に1ドルが95円まで円高方向に触れたとします。アヤナスの価格

そのままの状態でポジションを持ち続けたらプラスになるためには、マイナス分、ドル高に動かなければなりません。

誰でも、損失は早急に回復したいと願います。

この状況を乗り切るため最初にエントリーしたのと同額の$を1ドルを95円で売買します。

それによって、平均の買い付け価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

要するに、2.50円の幅で円安に推移すれば損を失くせます。

こういったことがナンピン買いの仕組みです。

ナンピン買いの理屈を知ると、「ごもっとも」と思ったりするがそう易々と上手くはいきません。

だいたい、1ドル95円より下がらないとは分かりません。

外国為替市場が強い円高ドル安トレンドであるならば95円では止まることなくより一層円高ドル安に進む確率が高くなります。

ひとつの例として、97円50銭でナンピンをしたにもかかわらず、95円までドル安が速んだら、ナンピン買いをしたポジションもマイナスが生まれることになってしまいます。

こういう状態では初めに注文したドルと全部で、2倍の損失が生じる事になります。

このように、ナンピンは難しいのだ。

であるなら、マーケットが己の筋書きとは逆に進んでしまった場合どういった術でリスクを避ければいいのでしょうか。

そこで選択できる道は2つ。

まずはじめは執着しないで、損を確定する事です。

別の方法としては、あなたが所持している買いポジションを小さくする事で再び外国為替市場が回復するのを何もしないで待機する事だけです。

かなり控えめな術だと言う人もいるkもしれません。

だがしかし、買いポジションに為替差損が出た時、一番妥当なやり方はこれ以外には考えられません。

なるほど、理屈の上では、ナンピンを入れるという術もあるように思える。

しかしナンピン買いはあなたがマイナスになっている場面でポジションを整理するどころか、それとは反対に買いポジションを積み重ねていく対策です。

この考え方では、危険性を避けることなどどこをどうやっても無謀だと思うべきです。

ナンピンをし続ければ最終的には利益を上げられるかもしれません。

しかし、そうなる前に資金がショートしてしまうだろう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.jtbakerchemicalcompany.com All Rights Reserved.